カードローンの審査を比較してピッタリ合った業者を探すの巻

審査その@年収

カードローンの審査の比較、まずは年収についてです。年収は審査条件の中でも上位に来るような項目です。

 

・専業主婦でも借り入れOKなローン
このようなローンは、年収が少なくてもさほど影響はないと言われています。専業主婦でも借り入れできるのですから、確かにそうでしょう。
ただ、年収が少ないということもあって、消費者金融では総量規制のもとで運営されていますから、年収150万円の場合は最高でも50万円しか借り入れできません。
この50万円という額は、他社との借り入れを含めての額です。

 

・借り入れ条件に年収の規定がある
現在は少なくなって来ましたが、借入条件に年収の最低ラインを設定している金融機関もあります。
このような金融機関は、審査条件の中でも年収という項目がかなり重要視されているということが分かります。

 

・家のローンを抱えている
住宅ローンを抱えていても、借り入れは可能です。銀行の中では自社の住宅ローンを抱えている人が借り入れをする際に金利を優遇してくれるサービスを行っているところもあります。
住宅ローンは住宅を購入する人のほとんどが組むものですから、借り入れに影響するということはありません。
しっかり毎月返済しているという場合は心配しなくても大丈夫です。

借り換えするときに大切なコト/金利

借り換えをするというときに、多くの人は何のために借り換えをするのかということになりますが、きっとその理由は今より金利が低いところに乗り換えて、返済額を減らすということが目的ではないでしょうか。今までより返済額が増えてしまっては、手間のかかる借り換えをしても意味はありませんからね。

 

カードローンを取り扱う業者は数え切れないほどありますし、そして1ヶ所のカードローンであっても、借入の種類はさまざまです。
例えば、利用目的がなく自由というようなローンもあれば、利用目的がはっきりしているようなローンもあります。
また、借り入れ額が少ないほど金利は高く設定されており、借り入れ額が高いほど金利は低く設定されています。
意外と金利について何も考えていないという人が多いことに驚きです。

 

一般的に消費者金融は金利が高めであり、銀行は低めと言われています。その銀行の中でもネット銀行はさらに金利が低く設定されています。
このことから、ネット銀行が一番金利が低い上にネットから申し込みできるというだけあって、何だかお得感があるようにも思います。
しかし、実際のところは消費者金融は借り換え専用のローンがあったり、最初の30日間は金利が0円だったりするので、返済期間がどのくらい掛かるかを考えて借り換え先を決めましょう。

 

消費者金融おすすめ一覧はこちら 

関連サイト集

借り換えするときに大切なコト/資金使途について

借り換えをする先をこれから考えたいという人については、膨大な数ある金融業者から借り換え先を選ぶのは大変なことです。
その際に、借りたお金を何に使うのかについて明確である場合は、目的別のローンを利用する方が返済額が少なくて済みます。
例えば、教育関係の資金であったり、車の購入代であったりなどです。
生活費であれば、このような目的別ローンは存在しませんが、それでもどうしてお金を借りるのか?という理由について、「生活費のため」という理由にしてはいけません。
この理由にしただけで、審査に落ちたという人はいくらでもいます。
本当の理由が生活費であったとしても、生活費が足りないという人がしっかり毎月返済してくれるのかって貸す方も不安になるのです。
貸す側に立って考えてみるとなんとなく分かりますよね。

 

それでは、どのような理由が良いのか?
よくあるのが、冠婚葬祭、旅行費用、などでしょうか。
生活費のためという場合はこのような突発的な理由にしましょう。

 

とは言っても、借り換え専用ローンがあったりすれば御の字ですし、目的別ローンは資料の準備などちょっと手間取るかもしれませんが、金利には変えられませんよね。
手間を惜しんでいては、利益を得ることなんてできませんからね。

 

消費者金融おすすめ一覧はこちら 

借り換えするときに大切なコト/審査に通りやすいか

借り換えを積極的にしています!!という雰囲気の漂う消費者金融、いかにも相談に乗ってくれそうな雰囲気の銀行ローンなど・・・それぞれの金融機関のイメージは最近は親しみやすくて明るく、親切なイメージがありますね。ですから、私たちも躊躇せずに借り入れをしたり、借り換えをするということができそうですし、敷居そのものも低くなっていることが事実なのですが、実際のところはしっかり審査も行われていますし、審査に通らなければ借り入れも借り換えもすることはできません。
結局、お金を貸して貰うということは変わりないので、審査はあります。ただ、審査に通りやすい時期というものはあるようです。
例えば、日本全体がお金を必要とするような時期やイベント、年末年始や新入学や就職などの際には家具や家電を揃えたり、アパートを借りたりというようなまとまったお金が必要にもなります。
このような時期は、消費者金融や銀行にも黙っていても、借り入れをしたいという人は訪れます。
よって、このような時期は借り入れ審査はやや厳しめの判断をされやすいとも言われています。
では、このような時期以外の秋口などは、一般的に借り入れや借り換えをしたいという人は少なくなる時期と言われており、このような時期の方が審査がやや甘くなるという意見があります。
その人個人の条件などを見て、信用情報を調べて、結局借り入れや借り換えの判断は人間がするのですから、まあこのようなことはあり得るということが言えるでしょう。
もし、年収も高く、有名企業に勤めていて、勤続年数も長く、これまで延滞をしたこともないというような好条件の人は、時期は全く考えなくても大丈夫です。